中国は放任「北朝鮮の核開発」

米空母ジョージ・ワシントンの黄海派遣に解放軍は打つ手なし。裏では湖南省の盗掘ウランが流出している。

2011年1月号 GLOBAL [北朝鮮クライシス]

  • はてなブックマークに追加

11月23日に韓国の延坪(ヨンピヨン)島を北朝鮮が砲撃した余燼も消えやらぬ翌24日、アメリカのオバマ政権は11月28日~12月1日に黄海上で米韓合同軍事演習を実施し、横須賀を母港とする原子力空母ジョージ・ワシントンを派遣すると発表した。この知らせに、梁光烈(リヤンクアンリエ)国防相(兼共産党中央軍事委員会委員)を筆頭とする人民解放軍のタカ派は激怒した。我々香港の中国人権民主化運動情報センターが独自に入手した情報によれば、11月25日に天津で開催された地方の党幹部向けの国防教育会議で、梁光烈は「米韓両軍が黄海で演習を行うなら、解放軍は必ず行動を起こす」という強硬な発言をしていた。ジョージ・ワシントンの黄海派遣は、首都北京がその攻撃範囲内に入ることを意味する。艦載機は発進から十数分で北京上空に達し、艦載ミサイルは発射から10分以内に中南海など党中枢部を破壊で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。