信越化学は 「カリスマ金川」依存症

84歳の金川会長を補佐する73歳の森社長は忠誠を誓うのみ。トップ交代への期待は肩すかし。

2011年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

世界最大の塩化ビニルメーカーである信越化学工業が、半導体の主要材料であるシリコンウエハーの業界においてもひとり勝ちの様相となっている。リーマン・ショックから立ち直った半導体市場の活況を受けて「シリコンウエハー生産量は2010年度、過去最高水準に達する」と予想される。しかしながら上半期、営業黒字を確保できた大手は信越化学と、韓国のLGシルトロンだけと見られる。塩化ビニルとウエハーを両輪に勢いづく同社だが、中期的にみると内憂外患のリスクを無視できない。信越化学はムーディーズによる世界化学会社格付けで堂々の1位、時価総額ランクも世界9位と代表的な優良企業である。主力事業は塩化ビニル・化成品だが、それに次ぐ大型事業部門がシリコンウエハーだ。シリコンウエハーは、珪石を高温処理して金属シリコンにした後、様
々な熱処理を経て形成した結晶(インゴット)を薄く輪 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。