「元カノ」社民にすり寄り 延命策に仙谷外しも

2011年1月号 連載 [政々堂々 第25回]

  • はてなブックマークに追加

山ほど宿題を抱えていながら無為に過ごし、提出期限が迫ってきたら、あわてて「元カノ」のノートに手を伸ばした。菅直人政権の右往左往ぶりは、そんな感じである。だが、けんか別れした福島瑞穂社民党党首のノートを見たところで宿題がかたづくわけではない。そこに書いてあったのは「私がブチギレしなくてすむように」というドスの利いた決め台詞だったのだ。菅政権がいよいよ崖っぷちに追い込まれてきた。菅首相は社民党と連携強化を打ち出したが、政権の先行きには依然、暗雲が漂っている。むしろ、基本政策の違いを無視して社民党に接近する姿が「単なる数合わせによる延命」しか考えない政権の苦境を鮮明に映しだした格好だ。政局は年末から年始にかけて一段の流動化が必至である。*宿題はどっさりある。まず、米軍普天間飛行場の移設問題。鳩山由紀夫前政権は5月の日米合意で辺野古案への逆戻り ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。