上海人災「献花」10万人の圧力

高層マンション炎上も政治の腐敗が下地。市民が自発的な無言の集団抗議に出て、共産党の悪夢が現実になった。

2011年1月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

上海万博の閉幕から半月後の11月15日、上海市中心部の静安区で28階建ての高層マンションが全焼し、58人(一説によれば73人)が死亡した。市民を震撼させたこの大惨事に、上海市当局がとった対応は、例によって事件の情報を封鎖し、真相を人々の目から隠そうとするものだった。ところが、事態は予期せぬ方向に展開した。火災から5日目の20日午後12時34分、上海在住の「夏商」というハンドルネームの小説家が、自身のミニブログに「犠牲者に哀悼の意を表するため、七日忌にみんなで現場に献花に行こう」と書き込んだ。この呼びかけがインターネット、携帯メール、口コミなどを通じて瞬く間に市民に広がり、大きなうねりを起こしたのだ。中国では亡くなった日から数えて3日目、5日目、7日目など奇数日に弔いの行事を行う。火災から7日目の21日は日曜日でもあった。メディアの事前報道が一切なかったにもか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。