榊原政春日記と南方の軍政

「南進論」の理想と失望

2011年1月号 連載 [日記逍遥 第24回]

  • はてなブックマークに追加

昭和16年12月8日、陸軍少尉榊原政春は、サイゴン川河口のサンジャックで朝を迎えた。「今朝六時、大本営発表。英米敵性国家と交戦状態に入るとの事。続いて香港爆撃、マニラ爆撃、ハワイ爆撃、敵前上陸、への進軍等、驚異的な情報のみ」その日のうちに南方軍総司令部のあるサイゴンに入る。捷報は続く。「皇軍はマレーに進撃。英戦艦プリンス・オブ・ウェールズ、レパルス号撃沈。ハワイの米艦隊大打撃。独伊の宣戦布告。その他気持ちの良いニュースのみ」(12月9日)翌17年1月にマニラ占領、2月にはシンガポールのイギリス軍降伏、3月にはジャワのオランダ軍降伏と、華々しい戦果とともに、南進論を唱えていた榊原日記は高揚する。「大東亜戦争はアジアに於ける有色人種の解放運動だ。白人種によるアジアの支配を根本的に覆すまで我々は闘うのだ」(1月16日)3月には念願の軍政担当となる。「軍政に廻 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。