「旧3行」出身データを抹消 みずほの役員人事にご注目

2011年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

みずほフィナンシャルグループ(FG)の塚本隆史社長の中間決算発表(11月12日)での発言が波紋を呼んでいる。塚本氏は「旧3行(日本興業銀、富士銀、第一勧業銀)統合から10年がたち、みずほ世代が4割になった。これまでも適材適所の人事運営を行ってきたが、一層明確化するため、人事ファイルから出身行のデータを抹消した」と、旧行に拘らない人事運用を強調した。中堅・若手行員からは「やっと旧行意識から抜け出し、実力が評価されるようになる」と至って好評だ。ところが、旧3行でポストを分け合ってきた幹部の心境は複雑だ。取締役については、すでに3行のバランスは崩れており、次は執行役員や部長クラスが対象になる可能性があるためだ。ある幹部は「旧行のバランスを崩すとポストが減り、執行役員になれないかもしれない」と不安げに語るが、それ以上に気になるのは、同グループの執行役員の多 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。