孫正義が「外圧頼み」の巻き返し

特派員協会でNTT解体・光インフラ分離の怪気炎。小沢グループが担ぐ原口一博とも連携。

2010年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「繋がらない携帯電話」への批判が高まるソフトバンクが、原口一博総務大臣(当時)を担ぎ上げ、NTTが保有する光ファイバーの共用化(=タダ乗り)という、我田引水のネットワーク強化策を主張していたことは、繰り返し報じてきたとおりだ。片棒を担いだ原口氏も9月の民主党代表選後に総務相を退任。NTT、総務省に加え、この問題を議論する総務省のICTタスクフォースの学識経験者が安堵の表情を浮かべたのも束の間、策士・孫正義社長は少しも諦めていなかった。10月25日、孫社長は「光の道の実現に向けた新提案」を公表し、NTTを解体して光インフラ部門を分離し、新会社にはソフトバンクも出資する考えを示した。これまでの主張に対して、多くの有識者から「タダ乗り」との批判を浴びていたためだ。孫社長は「私は天下国家のために、場合によっては我々1社でもやる覚悟がある。1社でやれば借入金はいき ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。