橋下大阪府知事の「テレビ攻撃」がエスカレート

2010年12月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

10月27日の朝日新聞朝刊(関西版)に、橋下徹大阪府知事と大阪のローカル情報番組のコメンテーターとの論争が掲載された。この番組には橋下知事は何度も生出演しており、「橋下知事寄り」と揶揄されてきた。両者に、どんな論争があったのか。このコメンテーターは「大阪都構想のほかに大阪市を分割する案が出てきたので、意味がわからんと。都か分市か、どちらが住民にメリットがあるか見えないと、番組で言ったんです」と打ち明ける。その揚げ足を取るように、橋下知事は会見などで「具体的に住民サービスにどう影響するのか、説明すべきだと言うが、これ以上どう説明するのか。タウンミーティングにも来ないメディアの怠慢だ」などと、コメンテーターを攻撃しだしたという。しかし、橋下氏は仮に大阪都になった場合、どのような税目を各区から吸い上げ、どのような権限を与えるのかなど具体的な説明を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。