朝日新聞「がんワクチン」で炎上

東大医科研のスター教授を糾弾した記事が、医学界や患者に総スカン。新聞協会賞も帳消しか。

2010年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

大阪地検特捜部検事による資料改竄のスクープで新聞協会賞を受賞したばかりの朝日新聞が、今や火だるまだ。発端は10月15日付朝刊1面の「がん治療ワクチン」報道で、関係者の抗議ばかりか、患者団体からも非難の一斉砲火を浴びている。問題の記事は左の通り。スクープ扱いで関連記事は社会面にも掲載され、「薬の開発優先批判免れない」と断罪調である。糾弾されたのは東京大学医科学研究所(東京・白金)と研究グループ教授、中村祐輔氏。翌日の社説でも「東大医科研 研究者の良心が問われる」とナチスの人体実験になぞらえて、その研究姿勢、研究体質を厳しく批判した。

ベンチャー企業の株価急落

朝日が批判している点はおよそ二つ。08年、東大医科研附属病院で「がんペプチドワクチン」の臨床試験中に膵臓がんの被験者に消化管出血が発生したが、病院内では「重篤な有害事象」と報告されながら、医科研が同種のワクチンを提 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。