三菱重工の仏アレバ出資にサルコジ大統領が難色

2010年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

三菱重工業の仏原子力大手アレバへの出資に、サルコジ大統領が難色を示している。背景には「ベトナムの第2期原発建設工事をめぐる確執がある」(関係者)。アレバも積極的に売り込んでいたが、日本が官民一体で受注を獲得。サルコジ大統領は「オールフランス」を掲げ、アレバと電力公社EDFの連携強化を呼びかけ、原発受注で巻き返す考えを表明した。一方、アレバは仏政府が約9割の株式を保有、このうち15%程度を売却し、15億~30億ユーロを調達する計画だ。三菱重工はアレバと中型原子炉の設計・開発や原発燃料の供給で提携しており、アレバ株の2%強を取得する方向で交渉を進めている。ベトナム案件では、日本は三菱重工、東芝、日立の原発メーカーに加え、9電力が出資して設立した国際原子力開発を受け皿に、政府が資金支援で後押しする「オールジャパン」の売り込みが奏功。サルコジ大統領も仏版「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。