「慶応評議員」選挙のバカげた狂奔

慶応卒の社長、会長のために「白票」集めに走らされる企業幹部。落選候補のほぼ全員が復活するアホらしさ。

2010年12月号 BUSINESS [商売上手な「陸の王者」]

  • はてなブックマークに追加

ワールドカップイヤーに開かれる慶応義塾卒業生評議員選挙の結果が出た。53人が立候補。当選した30人の顔ぶれを見ると、日清食品ホールディングス社長の安藤宏基氏、サントリーホールディングス会長兼社長の佐治信忠氏、大和証券グループ本社社長の鈴木茂晴氏、JXホールディングス相談役の渡文明氏など、お歴々が並ぶ。学校法人慶応義塾の最高意思決定機関である評議員会は総勢約100人で、「教職員評議員」「推薦評議員」「塾員評議員」「卒業生評議員」の4種で構成される。このうち定数30人の「卒業生評議員」を選ぶ選挙は、何かと評判が悪い。大企業の社長、会長と、その経験者がこぞって出馬し、露骨な票集めをするからだ。「慶応出身でない人からすると、常軌を逸した選挙」と酷評されている。そもそも、いかなる選挙が行われるのか。まず候補者には2種類ある。一つは慶応OB・OG100人以上150人以下 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。