ゴーン日産「九州シフト」のすごい目論見

2010年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日産自動車が国内生産の「九州集約」へ舵を切った。「部品は低コストで品質向上が進む中国、韓国から極力輸入し、日本では組み立てだけ。人件費も極力抑える」。この条件を満たす「解」は、中国や韓国に最も近い九州工場(福岡県苅田町)しかない。裏返せば、本州からの部品調達は止め、追浜工場(神奈川県横須賀市)、栃木工場(栃木県上三川町)など他の国内工場は電気自動車、高級車、新型車の試作に特化する。世論や従業員、部品メーカーの過剰反応を恐れる日産は慎重だ。10月5日に発表したプレスリリースは「九州工場を母体とした新会社設立の検討を開始する。本検討は日本におけるモノづくり競争力を強化するために行う」などと遠回しな表現だ。九州工場についても「アジア地域のLCC(低コスト国)サプライヤー(部品メーカー)にも近く、また周辺にコスト競争力に優れたサプライヤーが集積するな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。