「宿泊付きデイ」の革命児「茶話本舗」

「24時間365日良質で安価なサービス」を売り物に、全国フランチャイズ展開する介護ベンチャーが注目を浴びている。

2010年12月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

要介護者本人と介護家族は、自宅での生活を望んでいる。介護保険の基本理念も当初から「在宅重視」であった。だが、家族にとっては、昼夜を問わずのトイレ介助を含めた、いつ終わるともしれない毎日の介護生活は相当に辛い。高齢者が日中通う場として通所介護(デイサービス)があるが、昼間はそこで見てもらえても、夜まではいられない。家族が残業もできずに退職を余儀なくされるケースもある。月のうち4、5日でも要介護者を泊める施設があれば、息抜きとなる。家族の急な入院や冠婚葬祭、仕事の残業や出張時には大いに助かる。現在の介護保険制度には、そうしたサービスとして「短期入所生活介護(ショートステイ)」がある。ところが絶対数が不足しており、2、3カ月前の予約申込日には1時間で満室になってしまう。おまけにほとんどのショートステイ施設は特別養護老人ホーム内にあるため、要介護者 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。