配偶者控除を廃止せよ!事務次官指令が飛ぶ財務省

2010年12月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

財務省が子ども手当の増額阻止と控除廃止断行で動き出した。昨年の税制改正で廃止が決まった年少扶養控除(15歳以下)に加え、今年は配偶者控除も廃止する構えだ。常に実質増税を模索する財務省にとって、子ども手当と引き換えの控除廃止は、この上ない増税項目となる。省内には控除廃止断行の事務次官指令が飛ぶ。控除を廃止したうえで、子ども手当の増額をどう抑え込むかが、目下の課題だ。現行の月額1万3千円を一律1千円増額した場合、約2千億円の追加財源が必要となるが、上積みを3歳未満の世帯に限れば、必要額は350億円程度で済むと試算し、関係方面への根回しを始めた。年少扶養控除が廃止になれば、3歳未満の世帯は年収が1千万円なら実質増収となるが、800万円までは負担増になる。この世帯に増額し、負担増を解消するだけなら、追加財源は最小限に抑えられるという計算だ。さらに子ども手当の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。