「町村当選」は時代に逆行自民党「改革派」は手詰まり

2010年12月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

世代交代を主張する自民党の「改革派」が消沈している。衆院北海道5区補欠選挙で、町村派会長の町村信孝元官房長官が当選した後、急先鋒である山本一太参院議員は周囲に「谷垣禎一総裁を降ろすハードルが高くなってしまったな」とぼやいた。山本氏や世耕弘成参院議員ら世代交代派にとっては「町村氏は落選したほうがよかった」(山本氏周辺)。そうなれば「谷垣総裁では勝てない」という悲観論が高まり、世代交代が進むからだ。ところが、町村氏が圧勝し、谷垣総裁を支持した旧世代が勢いづく結果となった。ここにきて菅内閣の支持率はつるべ落とし。自民党にチャンスが回ってきたようだ。「しかし、民主党を追い詰めても、谷垣総裁ら旧世代が勢いを増すようでは元も子もない」(山本氏周辺)「派閥打倒」を訴える中堅議員は「小沢一郎元代表が『自爆テロ』で民主党を割り、政界再編の起爆剤になってく ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。