街全体が「最貧地帯化」する大阪市

2010年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

政府がまとめた「平成20年住宅・土地統計調査」で衝撃的な事実が判明した。大阪市の中心部は今や全国の都市部で突出した貧困地帯なのだ。大阪市西成区の平均世帯年収は257万円で、全国1318市区町村中1317位。同市には浪速区=348万円(1246位)、平野区=363万円(1200位)、東淀川区=366万円(1198位)、港区=389万円(1136位)、東住吉区=398万円(1103位)、東成区=412万円(1041位)、中央区=412万円(1039位)、淀川区=422万円(1006位)、城東区=422万円(1005位)と、1000位以下が10区もある。この調査は総務省が5年に1回、全国の人口1万5千人以上の市区町村で実施(サンプル数45万世帯)。主目的は「我が国の住宅、土地の保有や世帯の居住状況の把握」だが、補足的に世帯の収入も尋ねている。従来は年収の階級が300万円未満、300万円以上500万円未満など9区分だったが、今回から100万円 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。