追悼・福本 邦雄(政界フィクサー・画商)

「裏の裏」は黙して

2010年12月号 POLITICS [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

すうっと手がのびてきて、心の奥をさりげなくつかむ。そして自家薬籠中に。そんな人だった。「あなたの文章は保田與重郎だね」と言われてハッとしたことがある。「無官の大夫」というエッセイを「文藝春秋」(95年4月号)に載せたときだ。彼の刎頸の友ともいうべき竹下登元首相が長時間インタビューで「僕は無官の大夫だから」とつぶやいた話が枕だった。わざわざ「ムカンは冠じゃなく敦盛の無官」と注釈してくれた竹下氏の気くばりに「なかなか教養人ですね」と福本氏に感心してみせたら、破顔して「一谷嫩(ふたば)軍記だろ? あいつのは耳学問さ」と言い放った。教養人はオレだといわんばかり。でも、なぜか憎めない。竹下氏の母が松江高女時代に、「福本イズム」で一世を風靡した福本氏の父(和夫氏)に憧れ、実家の造り酒屋に「大衆」というブランドが生まれただけに、二人は何でも言える仲だっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。