新聞労連に楔を打ち込む「ANY連合」

2010年12月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

「ANY」が経営側だけでなく労組の世界でも攻勢をかけ始めた。ANYとは07年10月に結成された朝日、日経、読売の新聞「強者連合」。新聞労働運動の総本山である新聞労連を舞台に、春頃から主導権を握ろうと画策しているという。最初は朝日新聞労組本部執行委員会が4月21日に出した「新聞労連改革」の提言だった。6月に創立60周年を迎える労連に対し、「歴史的役割は大きい」としながらも、いくつか注文を突き付けた。第一に「ナショナルセンターとしての連合との関係強化」を明確に求めた。新聞労連は旧社会党系の流れを汲む連合とも、共産党系の全労連とも、距離を保ってきた。しかし、書記局は全労連に近いとされ、連合志向の読売労組が反発してきた経緯がある。朝日の提言はこの読売路線に同調したものだ。第二は内外タイムス労組への支援を批判した。新聞労連は06年秋に内外タイムス労組に3千万円の闘 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。