経営悪化の日経が「退職金・年金見直し」宣言

2010年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「年金の給付利率の引き下げを検討する。12月中には組合に改革案を示したい」――。日本経済新聞社が10月21日、労働組合に退職金・年金制度の見直しを宣言した。日経は今、2期連続赤字の瀬戸際にあり、経営の重荷になっている退職金・年金の減額に踏み込む方針だ。焦点は現在5.5%に高止まりしている給付利率の引き下げだ。右肩上がりの業容拡大が続いた日経の退職金・年金は新聞業界でも手厚いほうだ。退職金は60歳定年でおよそ4千万円。中央労働委員会が調べた大企業の平均2615万円を大きく上回る。そのうち1千万円程度を現金(一時金)で受け取り、残りを年金でもらう社員が多い。年金は①国民年金、②労使折半負担の厚生年金、③企業が独自に運用・加算する厚生年金基金――の3層構造。定年後15年間、つまり75歳までは退職金の年金化部分と年金を合計すると、月額でおよそ50万円となる。1993年の厚生年金基 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。