重病説打ち消す池田名誉会長の近影

2010年12月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

11月18日、創価学会は創立80周年を迎えた。創価教育学会は1930年に誕生し、国家弾圧による創設者牧口常三郎の獄死と、第2代会長戸田城聖の大折伏運動を経て、第3代会長である池田大作氏が今日の学会組織を築いた。今や信者は827万世帯、192の国・地域に会員が広がる、まさにマンモス教団である。池田氏が創価学会の会長職に就いたのは1960年。当時、まだ32歳だった若き指導者は、紆余曲折を経て唯一絶対のカリスマとなり、半世紀にわたって創価学会に君臨し続けている。その存在感は、聖教新聞などの関連媒体を見れば一目瞭然だ。創価学会とは「池田教」そのものなのである。その池田氏に、健康不安説が浮上している。今年5月以降、創価学会の主要行事など、公の場に姿を見せないためだ。政界筋では「重病を患い、寝たきりになっている」などとまことしやかに語る向きもある。こうした噂を打ち消すよう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。