「習近平後継」の裏で胡春華抜擢か

劉暁波のノーベル平和賞が光なら、習の中央軍事委入りは影。民衆の不満は制御不能に。

2010年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

10月8日、中国の民主活動家の劉暁波(リウシヤオポー)がノーベル平和賞を受賞した。さらに、10月15日から18日にかけて開催された中国共産党中央委員会第5回全体会議(5中全会)で、習近平(シーチンピン)国家副主席が党中央軍事委員会副主席に就任、次期最高指導者の地位を事実上固めた。この二つの“事件”は、中国の未来に深刻な影響を与えるだろう。劉暁波の受賞理由について、ノルウェー・ノーベル委員会のトールビョルン・ヤーグラン委員長は「中国で続いている人権侵害を見過ごすことはできない」と語った。ノーベル平和賞の歴史を振り返れば、これが単なる美辞麗句ではないことがわかる。専制国家の反体制活動家の受賞は、その国の民主化運動のカタリスト(触媒)となり、歴史的転換点の呼び水になってきた。ポーランドのレフ・ワレサ(1983年受賞)しかり、南アフリカのネルソン・マンデラ(93 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。