「東電増資」野村幹部が栄転気になる証券監視委の調査

2010年12月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

この秋、株式市場の話題をさらった東京電力による29年ぶりの公募増資。概算額4500億円の公募増資は間違いなく今年の最大規模であり、主幹事を務めた野村証券の実入りは大きかった。野村は早速、論功行賞人事を実施。素材・エネルギー・セクターで東電案件を掘り起こしたP氏が10月15日付でノムラ・シンガポール社長に栄転した。94年入社のP氏は就任時39歳。アジアの中核金融市場であるシンガポールの法人社長は、グローバルな役員級ポストであり、野村が買収したリーマン・ブラザーズ出身の若手実力者を凌駕するスピード出世のようだ。もともと野村は若手を抜擢する「キープヤング」路線を社風としており、「誰が社長候補になるかは40代で固まる」(同社幹部)。今回の人事もキープヤングが踏襲された結果だろう。他の国内金融機関の若手は「うちもあれぐらいの論功行賞をやれば、活気が出るのに」と羨望 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。