「草食系」三菱電機に分家の悲哀

2010年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

三菱電機の業績が好調だ。10月29日に発表した9月中間決算は、売上高が前年同期比11.9%増の1兆7118億円、営業利益は7倍の1129億円に達した。電機業界の雄、日立製作所の中間決算(売上高4兆5024億円、営業利益2180億円)と比較すると、売上高で2.6倍の格差があるものの、営業利益の差は1.9倍にとどまる。営業利益率は6.6%と国内電機大手でトップ。他社は5%に満たない。今でこそ安定感のある三菱電機だが、90年代末には1千億円を超える最終赤字を計上、「三菱グループのお荷物」と後ろ指をさされ、企業の存続すら危ぶまれていた。それゆえ、ライバルより一足早く事業の選択と集中を断行。03年3月には損益のブレが大きい半導体のDRAM事業をエルピーダメモリに売却し、同年4月には半導体部門の大半を本体から切り出し、日立と統合させた。さらに、不採算の携帯電話端末や洗濯機からも撤退。こうした思い ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。