日航の上場幹事に野村証券追加増資で巻き返す大和

2010年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

会社更生手続き中の日本航空は12月初めにも企業再生支援機構から公的資金3500億円の出資を受ける。日航再建はこれからが正念場だが、機構は早くも公的資金のイグジットに向けた準備を開始した。日航社内に「再上場準備室」を設置しただけでなく、上場主幹事に野村証券を起用することがほぼ内定した。機構が焦る気持ちもわからないではない。設置法で定められた支援期間は3年間。機構は日航が倒産した今年1月19日に支援に入っており、3年後の13年1月までに日航株を完全に手放し、手を引く必要がある。機構が対外的に掲げるイグジット戦略は「12年末をめどに再上場」であり、今期、来期決算での上場基準クリアに向け「やるべきことだらけ」(金融筋)だ。その第一歩となる上場主幹事の選定では、メガバンクとリファイナンス交渉が続いていたこともあり、銀行系証券は候補に入っていなかった模様。圧倒的な ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。