「社会保障改革検討本部」を仕切る幹部官僚の「評判」

2010年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

税と社会保障を一体的に改革する「政府・与党社会保障改革検討本部」(本部長・菅直人首相)の事務局として、内閣官房に設置された社会保障改革担当室に2人の官僚が派遣された。社会保障改革担当の内閣審議官に就任した、厚生労働省の香取照幸政策統括官(社会保障担当)と、財務省の向井治紀理財局次長である。社会保障改革検討本部は、仙谷由人官房長官が主導する組織。民主党の「税と社会保障の抜本改革調査会」(会長・藤井裕久元財務相)と連携し、社会保障と新年金制度、そして、その財源となる消費税を議論していく。その事務を取りしきる社会保障改革担当室には、財務省出身で税制に詳しい佐藤慎一内閣審議官もおり、菅政権の消費税論議の実務部隊となる。実は今回派遣された香取、向井の両氏は、麻生内閣で社会保障と税負担の在り方を議論した「安心社会実現会議」の事務方を務めた人物である ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。