岡藤 正広氏(伊藤忠商事社長)

全新入社員を中国留学 中国とどう付き合うか

2010年12月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――世界銀行が2010年の中国の経済成長率予想を10%に引き上げました。岡藤 当社の中国ウォッチャーも10%程度の成長が続くと見ています。中国は国土が広く経済格差が激しい。都市部と農村部の所得格差は3倍以上、大都市の上海と比べるとその格差は8倍にもなります。中国は今年、我が国を抜き、世界2位の経済大国になりましたが、「世界の工場」から「巨大消費社会」へ成長モデルを転換しようとしている。そこに大きなビジネスチャンスがあります。――2020年頃には米国を抜き、世界最大の経済大国になるとの見方もあります。岡藤 中国の経済成長は政治・社会の安定と密接な関係があり、複雑な問題を抱えています。常に2桁成長を維持できるとは思いませんが、上海万博は一つのエポックでした。史上最大7300万人の来場者は中国の発展の証であり、先進国の成熟経済とは勢いが違う。おそらく10年後には米国と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。