みずほFG社長を怒らせた日経主催「世界経営者会議」

2010年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

みずほフィナンシャルグループ(FG)の塚本隆史社長は9月6日付の日本経済新聞を見て仰天した。そこには日経主催で10月下旬に開催する「第12回世界経営者会議」の広告特集が載っており、ゲストスピーカーとして、みずほコーポレート銀行(CB)の佐藤康博頭取が大々的に取り上げられていたからだ。「なぜ、佐藤君なんだ!」事前に何も聞いていなかった塚本社長の剣幕に、FG幹部は凍りついた。そもそも佐藤頭取はFG傘下の銀行の頭取にすぎず、みずほグループを統括するFGの代表は塚本社長にほかならない。「世界経営者会議」の趣旨から考えても、FG社長が登場すべき舞台だろう。しかも、塚本氏は米ハーバード大でMBAを取得した国際派で、佐藤氏より入行年次も先輩である。ボタンの掛け違いは、日経の岡田直敏常務が話を持ち込んだFGの某部長の独断専行が原因。某部長は旧日本興業銀行出身のエリートで、さ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。