編集後記

2010年11月号 連載

  • はてなブックマークに追加

早いものでリーマン・ショックから2年過ぎた。見渡せば花も紅葉もなかりけり、の定家の歌ではないが、いまだに風景は寥々としている。一歩手前で大恐慌は避けられたとはいえ、今も米国は二番底に怯え、救世主だった中国は、人民元の為替操作と、レアアース禁輸と、劉暁波ノーベル賞受賞でバッシングの憂き目。前号の書評欄で取り上げたサブプライム破綻のノンフィクション(マイケル・ルイス『世紀の空売り』)の教訓「歴史は繰り返す」が耳に痛い。▼ルイスはかつてのウォール街の帝王ソロモン・ブラザーズの出身。同じくソロモンに在籍した人に読後感を聞くと、中枢にいたわけでもないのに面白おかしく内情を暴露した彼は「裏切り者の与太ライター」と見られていた。ただ、新作では、住宅バブルに逆張りした変人たちを克明に取材していて「投資行動の背景となる感情の蠕動まで秀逸に描きだしている」と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。