小津 泰史氏(ノキア・シーメンス・ネットワークス[NSN]社長)

通信設備投資の重荷アウトソースに活路

2010年11月号 DEEP [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――7月の講演で、10年後に通信事業会社の収入が「1ギガバイトあたり98%減少する」という衝撃的な試算を発表しました。小津 ええ、データ通信量(トラフィック)が過去3年で年率100~300%も伸びています。日本以外の国々は、第2世代(2G)からやっと3Gに移行しようとしているところで、いきなり何十倍もの通信量のiPhone(アイフォーン)が登場して大変です。日本はすでに3Gに移行して高機能端末が普及しているため、落差がそれほど大きくないのですが、スマートフォンが普及してくれば、ネットワークが圧迫される。ところが、データ通信の料金は定額制で収益が比例していません。通信事業会社はiコンシェルやBeeTVのようなアプリ(応用ソフト)で稼ぐことが必要になります。そのアプリの通信量増大に耐えるためにも、土管を太くする設備投資は今後も続けざるをえないでしょう。――どんどん薄利になれば ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。