「小沢を飼い殺す」菅と仙谷

創価学会にひれ伏す首相の足を引っ張る官房長官。「矢野に叙勲」とは、何を考えているのか。

2010年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

政権担当能力を疑われる首相の菅直人にとって、まさに神風が吹いた。東京第5検察審査会の起訴議決で、民主党元代表の小沢一郎は、早ければ年内にも、政治資金規正法違反の罪で強制起訴され、刑事被告人となる。何年かかるかわからない裁判が有利に決着しなければ、再び表舞台に立つなど思いもよらない。首相候補から滑り落ちた小沢の政治力は格段に弱まった。菅は「衰弱した猛獣」の小沢に離党を迫るまでもなく「飼い殺す」ことで、幹事長の岡田克也や外相の前原誠司らの「ポスト菅」の動きを封じ込め、長期政権へのパスポートを掴んだ。菅は今、民主党代表任期(2年)が切れる2012年9月まで、首相の座を確保したと、ほくそ笑んでいるに違いない。衆院議員の任期満了は3年後の13年8月。次の参院議員の改選はやはり13年7月だ。代表3選を狙う菅には12年に解散カードを切る選択肢はあるが、踏み切らなけれ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。