みんなの党に擦り寄る「大阪維新の会」の下心

2010年11月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

橋下徹大阪府知事率いるローカル政党「大阪維新の会」と、先の参院選で10議席を獲得したみんなの党が、来年4月の統一地方選に向けて、候補者の推薦や選挙区調整で連携することになった。もともと橋下知事は、山田宏前杉並区長や中田宏前横浜市長が率いる日本創新党と近く、道州制を唱えるみんなの党の渡辺喜美代表とも気脈を通じていた。参院選前に両党から連携の誘いを受けたものの「国政とは距離を置く」として支持政党を明らかにしなかった。これに対して渡辺代表は、「道州制などで考え方は近い。でも(橋下知事は)計算高いんですね。少数政党とやるより時の政権と関係をよくしたいんでしょう」と、皮肉交じりに語っていた。ところが、橋下知事はみんなの党が参院選で躍進すると一転、「一から百まで大賛成」とみんなの党を持ち上げ、連携を示唆。渡辺代表も「もっと早く言ってほしかった」と苦笑 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。