ロシアは「尖閣」で中国の肩持たず

プーチン主宰のヴァルダイ会議にただ一人招かれて、「中国一辺倒」でないロシアの本音を察した。

2010年11月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

9月6日午後5時、本稿筆者(畔蒜泰助・東京財団研究員)を含む世界中のロシア専門家、ジャーナリスト約50人を乗せたロシア政府専用機が、まだ夏の日差しが照りつけるロシア黒海沿岸の避暑地ソチ(2014年冬季五輪の開催地)に降り立った。ロシア国営ノーボスチ通信などが主催する国際会議、通称「ヴァルダイ会議」(Valdai Discussion Club)の最大のハイライトであるウラジーミル・プーチン首相との晩餐会が待っていた。プーチンが大統領時代の04年にスタートし、今年で7回目を迎えるこの会議は、海外から50人前後が出席、ロシア国内からもほぼ同数の有識者が招待される。その時々のロシアの重要課題について議論する前半部と、海外からの参加者がロシアのトップリーダーと対話を行う後半部から構成される。日本人の参加枠は例年1人(中国は3人)で、これまで日本からは青山学院大学の袴田茂樹教授、法政 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。