「仙谷官邸」に財務省は我が世の春

代表選翌日の為替介入は、菅勝利への「祝砲」。自民党時代と何も変わらぬ「財務省主導」。

2010年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

本性は官僚嫌いの「財務省ファン」Jiji Press「(鳩山政権の発足時)そもそも仙谷(由人)さんは、元大蔵官僚の藤井(裕久)さんに次ぐ財務相候補だった。事務次官会議の廃止など官僚嫌いで知られたが、根っからの消費税増税論者で、財務大臣に迎え入れたい人だった」(財務省OB)その仙谷氏が財務相ではなく、菅内閣の官房長官に横滑りし、瞬く間に「陰の総理」と揶揄される力を発揮し出した。菅直人氏は財務相を経て総理に就任。仙谷氏は野党時代、旧大蔵委員会や予算委員会で活躍した論客で、財務省との関係は深い。菅・仙谷官邸が財務省と手を握ったことで「漸く民主党政権の土台ができあがった」と財務省幹部は漏らす。

勝財務事務次官が忠誠の証

予算や税制改正、財政健全化計画などを思惑通りに進めるには、政権中枢に寄り添い、実力者と腹を合わせなければならない。自公連立の麻生政権時代には、財務・金融・経済財政 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。