妙智會式典に鳩山前首相ら政界要人が勢揃い

2010年11月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

先祖供養を柱とする法華経系新宗教の妙智會教団が開教60周年を迎え、10月11、12日の両日、千葉市美浜区の幕張メッセで記念式典を開催した。式典には宗教界、政財界、学界の要人が集い、教団の勢力を示す一大イベントになった。妙智會が開教したのは、1950年10月12日。霊友会の幹部だった宮本ミツが、自らを会主とする新しい教団を創設した。現在も本部がある東京・代々木で行われた発会式に参加したのは百数十人。創始者の女婿である現会長、宮本丈靖氏の自伝『足りないながらも』によると、地元の代々木警察署長、代々木駅長らが来賓として招かれたという。それが60年後には一変する。同じ10月12日、記念式典に集まったのは、最大9千人収容の幕張メッセ・イベントホールを埋め尽くさんばかりの人、人、人。出席者によると、来賓にはユニセフ関係者のほか、世界の諸宗教指導者、さらに新宗教教団、仏教 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。