「尖閣」で中国共産党の危機露呈

中国漁船の船長逮捕と江西省の焼身自殺。一見関係のない事件の邂逅に、政権への不満が透けて見える。

2010年11月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

9月7日午前、尖閣諸島沖で操業していた中国福建省の漁船が、海上保安庁の巡視船の停船勧告を無視して逃走し、巡視船に衝突した。翌8日、船長は公務執行妨害容疑で逮捕された。2日後の9月10日午前、福建省に隣接する江西省の宜黄県で、地元政府に自宅の強制立ち退きを迫られた住民3人が焼身自殺を図った。住宅を取り壊すため突入した警官と役人への抗議で、1人が死亡、2人が重傷を負う惨事になった。一見まったく関係のない二つの事件は、中国社会に広がる過程で予期せぬ重なりを見せた。浮かび上がった国民の強い不満だ。中国政府にとって、尖閣諸島(中国名「釣魚島」)は極めて敏感な問題である。そこで何かが起きれば、中国は声高に自国の主張を叫ばなければならない。しかしこの漁船衝突事件で、中国政府があれほど強硬な姿勢をとり、外交上の争いをレアアース(希土類)の一時輸出停止など経済にま ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。