ベイスターズ売却の裏で三井住友銀行が歯ぎしり

2010年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

横浜ベイスターズの売却先は住生活グループでほぼ固まった。球団を持つTBS側で交渉を仕切るのは野村証券。04年のダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)以来の球団売却だけに世の中の関心も高く、さぞかしやりがいがあることだろう。一方、TBSの財務アドバイザーになり損ねた三井住友銀行は落胆しきりだ。TBSは02年、球団株の約7割を取得したが、ベイスターズは鳴かず飛ばず。経営の重荷となり、売却に動き出した。相談を受けたのは野村、三井住友、メリルリンチ。3社とも05年以降の「楽天・TBS攻防戦」で、組織を挙げてTBS側についた経緯がある。とくにTBSの主力銀行を任ずる三井住友は、昨年傘下に収めた日興コーディアル証券のPRに懸命。「球団売却のような派手な案件を血眼で探していた」と、投資銀行筋は打ち明ける。しかし、フタを開ければ、手堅い野村がおいしいポジションを独占。しかも、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。