新聞協会賞射止めた朝日の「雑草記者」

2010年11月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

今年度の新聞協会賞の「ニュース部門」で、朝日新聞大阪本社の「大阪地検特捜部の主任検事による押収資料改ざん事件の特報」の追加受賞が決まった。規定では10月15日の新聞大会まで追加申請が認められているが、選考委員会終了後に応募があったのも、受賞が決まったのも前例がない。これでスクープが対象となる今年のニュース部門は、先に決まっていた読売新聞の「核密約文書 佐藤元首相邸に」とともにダブル授賞になった。賞を受ける朝日の代表は大阪本社の編集局社会エディター(部長)の平山長雄氏だが、決定的なスクープとなった9月21日朝刊1面の特報を書いたのは、検察担当の板橋洋佳記者だった。同記者は34歳と若く、また朝日の生え抜きではなく、栃木県の地方紙、下野新聞からの移籍組だ。朝日に移ってまだ数年しかたっていない。板橋記者は地方紙の社会部育ちで、下野時代には選挙ポスター費の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。