最強サイバー兵器に通信乱流

イランと中国で猛威。黒幕は国家か。自由競争を謳歌してきた通信業界は、ドコモ独占へ回帰する流れ。

2010年11月号 BUSINESS [ガラパゴス回帰]

  • はてなブックマークに追加

最強のコンピューター・ウイルスが出現した。「スタクスネット」(Stuxnet)と命名されたが、もはやオタクのハッカーが人騒がせで無差別に蔓延させる単純なウイルスではない。ウィンドウズの弱点を熟知した優秀な人材を集め、資金と時間を投じて限定目標にダメージを与えようと開発した兵器――「サイバー・ミサイル」だったのだ。10月1日、ITセキュリティー会社シマンテックは「非常事態」を宣言、その恐るべき脅威を解析した白書を発表した。6月、ベラルーシで検出されたのが初見らしい。インターネットから隔絶された産業用システムにも感染できるよう、USBスティックから一般のパソコンに侵入、パスワードが弱いと、ネットワーク共有にしてしまう。他のUSBデバイスはもちろん、携帯電話など利用可能なものなら何でも潜伏する。最終的な標的はドイツの電機大手シーメンス製の工場管理システム。発電所 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。