「母ありてこそ」ふるさと

2010年11月号 連載 [眠れぬ夜のバラード ~うつ病時代の処方箋~]

  • はてなブックマークに追加

「母ありてこそふるさとの祭りかな」(網代錦泉子)という句が、昔勤めていた千葉県館山市の病院の病室のドアに書いてあった。作者は、そのころすでに結核で死んでいたが、いまだ私の脳裏に、その句は生きている。この句はコンクールで2等であったという。私はなぜ1等でないのか、と俳句の専門家に聞いたところ、「母とふるさとは同じ意味で、二つ重ねたからではないか」と言っていた。そのときは、そんなものかと思ったが、この句は一度聞いたら忘れられない深い響きを宿している。「母」と「ふるさと」が共鳴し、さらに「祭り」という言葉が共鳴する。母イコールふるさとではなく、母イコール祭りでもない。ただ、母、ふるさと、祭りという、日本を形作ってきた村社会の三つの表象が共鳴しあい、そのいずれが欠けても、これほどの深い響きとはならない。その一つが欠けても、すべてが失われてしまう。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。