前原国交相が日航に「格安航空」をゴリ押し

2010年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本航空は8月31日、更生計画を東京地裁に提出し、再建を本格化させたが、日航と国土交通省の歩調は相変わらずバラバラだ。その一例が中に盛り込まれた「日本版LCC(格安航空会社)の設立検討」。国交省の要請で明記されたが、日航の公開資料に「LC
C」という文言は一度も登場しない。日航は「LCCの具体化に動く余力がなく、『検討』しなかったことにしたい」(幹部)のがホンネのようだが、国交省は苛立っている。中国や韓国のLCCが勢力を拡大する中、「アタラシモノズキ」の前原誠司大臣は「日本にもLCCが必要」と主張。その意向を受けて航空局が8月、日航に更生計画の中で「LCC設立」を宣言するよう求めた。だが稲盛和夫会長らは「日航はプレミアム(高付加価値)路線で生き残る」方針へ舵を切っており、LCC検討を事実上、夏までに凍結していた。板挟みとなった日航担当者らは提出書類に「LCC検
討」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。