ロシア「小麦禁輸」ショックの裏側

干ばつと山火事で収穫は3割減。でも、大統領選再出馬を狙うプーチンの政治的思惑が絡む。

2010年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領は9月初め、今夏の猛暑で干ばつに見舞われた地域を訪れた。事前に予告してスーパーの食品売り場に立ち寄って、テレビ番組のカメラの前で、棚に並ぶ商品の価格をチェックしては首を振ってみせた。南西部サラトフ州を訪問した際には、「いまの食品の値上がりは実勢価格に基づいていない。(穀物相場をつり上げた)投機家を捕まえなければ」と怒りをあらわにした。8月初旬以降、ロシアで食品価格が急騰している。深刻な干ばつと記録的な猛暑で、南西部を中心に森林火災や住宅の焼失が相次ぎ、複数の村落が損壊し、死者を出すほどの被害が広がった。数千ヘクタールもの農地が焼失し、小麦の収穫の3分の1が失われたのだ。タイミングも悪かった。ロシアでは来年12月に予定されている下院総選挙と2012年3月の大統領選挙を前に、ウラジーミル・プーチン首相が党首の与 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。