森トラストにパルコが「だまし討ち」

寝耳に水の転換社債発行で蔑ろの筆頭株主。しかも引受先が「民と官のヌエ」政投銀とは。

2010年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

大手デベロッパー「森トラスト」の社長、森章は明らかに怒っていた。「だまし討ちにあったようなもんだね。今まではモノ言わぬおとなしい株主だったんだけど……こんなことをされると、モノ言う株主にでもならないと危ないね」東京・港区の森トラスト本社最上階の応接室。手堅く穏当な経営者の森が、口調こそ静かだが、その仕打ちを「パールハーバー」にたとえた。最後通牒が遅れて米側に「だまし討ち」と言われた真珠湾攻撃のように、前触れもなくいきなり森トラストに斬りつけたのは、全国21館の大型ファッションビルを運営するパルコ(東証1部)だというのである。森トラストはパルコ株33.26%を保有する筆頭株主。8月25日、パルコはだしぬけに日本政策投資銀行(政投銀)を引受先に新株予約権付き転換社債(CB)150億円を発行すると発表した。CBを普通株に転換すれば、政投銀が18.73%の第2位株主に躍 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。