読売「ナベツネ後継」に異変

84歳のドンに、75歳の「本命」内山社長が面罵された。密かに進める「第二共同通信」構想からも外されて…。

2010年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

公称発行部数1千万部と「世界最大の新聞」を誇る読売新聞の奥の院で異変が起きている。君臨するナベツネこと、渡邉恒雄・読売新聞グループ本社会長兼主筆(84)の後継者として「絶対の本命」と自他ともに認めてきた内山斉社長(75)が、どうやら渡邉の不興を買って遠ざけられかけているのだ。その兆候は、6月の読売新聞東京本社人事で技術・制作担当副社長、桜井孝一郎が技術顧問に退いたことに始まる。内山の右腕の唐突な退陣は、社内外を瞠目させた。桜井は有名大学とは言えない工学院大学卒で65年に入社、地方記者から地方部次長を経て出世街道に乗り、内山の引きで制作局長、副社長へと駆けのぼった男。そのクビを切ったのは渡邉会長ご当人らしい。

読・朝・時事の「築地連合」

桜井は東京本社の業務系システムの責任者として、ほとんど独断専行で総額100億円以上を投じたが、現場から「欠陥だらけで使い物にならないシステム ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。