シャープが「二頭立て」の危ない賭け

松本副社長が突如辞任。濱野副社長を重用し、片山社長にぶつける町田会長の目論見とは?

2010年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

シャープは8月26日、AVシステム担当だった副社長の松本雅史が、8月末で辞任すると発表した。異例のタイミングでの降板について、同社は「健康上の理由」とコメントしたが、これを真に受ける業界関係者はほとんどいない。実は、3年前にも同じような人事があったからだ。2007年11月、シャープは当時副社長だった中武成夫が同月末で辞任すると発表。同氏から「糖尿病の治療に専念したいと退任の申し出があったため」と説明した。しかし、事実は異なる。「シャープが液晶パネルの国際カルテルに加担していたことが表面化していた。中武さんは責任を取らされることがわかっていたから、その前に持病を理由に退いた」と、シャープ関係者は振り返り、「だから松本さんが辞めたのも同じ理由ではないのか」と推測する。松本が中武と同じ轍を踏んだと疑われる理由を説明しよう。この8月、米ニューヨーク州、フロリ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。