旭化成社長 藤原 健嗣氏

世界経済は「実業回帰」 「新事業」創出に挑め!

2010年10月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――旭化成初の国際派社長、海外駐在経験のある藤原さんの登場ですね。藤原 入社から約20年を倉敷市の水島製造所ですごしたあと、経営計画部門に移り、グローバル展開の青写真を作りました。当時はASEANの成長が目覚ましく、「統括拠点はシンガポールがベスト」と主張したら、語学が得意じゃないのに提案者のお前が行けと(笑)。工場を作るため、現地政府や東南アジアの有力企業と協議を重ね、それまでとは違った視点で、日本という国や価値観を考えることができたのは、貴重な経験でした。当時の交渉相手だったアー・カーペン女史(現シンガポール政府観光局CEO)、タン・キンフェイ氏(現セムコープCEO)、リム・ショングアン氏(現シンガポール政府投資公社社長)は、来日するたびに訪ねてくれます。――海外赴任中の1997年にアジア通貨危機が起こりましたね。藤原 たいへんな騒ぎでしたが、あれ以降 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。