自民党大阪府議・市議が橋下知事と全面戦争

2010年10月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「自民党議員に自民党が潰されていいのか。早く処分してほしい!」9月6日、自民党本部を訪れた大阪の自民党地方議員団は、大島理森幹事長(当時、現副総裁)に訴えた。東京まで足を運んだのは、大阪府の橋下徹知事が率いるローカル新党「大阪維新の会」に参加した自民党議員に対する厳正な処分を要求するためだ。大阪維新の会には、大阪府議、大阪市議、堺市議合わせて48人が参加しており、このうち40人が自民党籍を持ったままだ。昨年の政権交代で自民党は野党に滑り落ち、業界団体離れが進んでいる。来年春の統一地方選をどう生き延びるのか。自民党の看板だけでは勝てないという不安が地方議員に広がった。そこへ登場した大阪維新の会は、まさに渡りに船だった。これに対して自民党大阪府連は、5月の大阪市議補選で維新の会に対立候補を擁立され、惨敗を喫しながらも、7月の参院選への影響を恐れ、維 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。