編集後記

2010年10月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

いやはや、民主党代表選の9月14日というタイミングは、本誌にとって最悪だった。ほとんど下版と間がないので、やむなく締め切り日を1日繰り下げた(配達も1日遅れになりますのでご容赦を)。それでも党員・サポーター票の行方が読めず、「三歩先を読む」本誌も、どっちが凱歌をあげるかは出たとこ勝負。ライターは「菅勝利シナリオ」と「小沢勝利シナリオ」の2種類の予定稿を用意して、サプライズに備えた。▼結果は下馬評どおりの菅再選。どうにか今号は編集できた。だが、これは「終わりの始まり」にすぎない。メディアは「ヒール(悪役)小沢」なきあとの菅政権に、たちまち愛想づかしをするだろう。かつて党内に悪役を仕立てて喝采を浴びた「小泉ポピュリズム」を、菅首相も踏襲していたが、賞味期限はすぐ切れる。ラグビーと違って「ノーサイド」と言った途端、菅ブームは気の抜けた風船のようにし ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。