新聞・通信社の社員数が最大の減少率

2010年10月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

また一つ、新聞業界の窮状を明かすデータが発表された。日本新聞協会がまとめた2010年「従業員数・労務構成調査」結果だ。協会加盟の新聞・通信社の従業員数は年々減少しているが、前年からの減少率は3.6%と、減少傾向が始まった93年以降、最大の減り幅となった。この調査は毎年4月1日付で実施されている。新聞・通信102社の従業員総数は4万7295人で、前年に比べ1780人、率で3.6%減少。ピークだった92年の6万7356人から3割減った計算だ。減少は18年続いている。減少率は05年に3%台の落ち込みを記録したあと、1%弱から2%台半ばで推移してきたが、直近の経営環境の悪化を反映して、大きく落ち込んだ。新規採用もわずか747人と、前年の1075人に比べ3割減った。在籍従業員に占める新人の割合は1.6%で、前年より0.7ポイント縮小。過去10年で初めての2%割れだ。部門別では編集が最多の2万3333人。全体 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。