さらば幸之助、パナソニックが「子会社解体」

2010年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

パナソニックによる「子会社解体」が始まった。パナソニック電工では工場集約、配置転換が始まり、パナ本体と重複する三洋電機の白物家電は消滅に向かう。創業者・松下幸之助の「文化的聖域」だった出版子会社、PHP研究所(京都市)では幸之助の孫でパナ本体副会長の正幸が社長に就き、パナ主導による大リストラが必至だ。幸之助が構築した子会社尊重の「連邦経営」を前社長の中村邦夫が切り崩し、現社長の大坪文雄が断ち切る。パナ電工のある年配の従業員は最近、上司から「九州の工場に転勤してもらえんやろか」と声をかけられた。拒否すれば辞めるしかない事実上の配転内示だ。声をかける、かけないは機械的に振り分けられており、工場集約、人員削減を急ぐ親会社の意向が覗く。パナ本体は現在、パナ電工、三洋の完全子会社化に向けて両社にTOB(株式公開買い付け)を実施中。完全子会社化は2011年4 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。