グループ首脳に読ませたいみずほ「産業調査部レポート」

2010年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

メガバンク筋で「純粋持株会社体制におけるグループ経営上の落し穴」というレポートが話題を呼んでいる。純粋持ち株会社体制におけるメリット、デメリットを分析したレポートだが、作成したのが、あのみずほコーポレート銀行の産業調査部なのだ。みずほグループと言えば、持ち株会社「みずほフィナンシャルグループ」の傘下に「みずほコーポレート銀行」と「みずほ銀行」があり、それぞれ会長(現在は特別顧問)、社長・頭取を置き、旧日本興業銀行、旧富士銀行、旧第一勧業銀行が三つ巴の権力闘争を繰り返し、顰蹙を買っていた。レポートには、みずほグループの病弊を告知するかのごとき指摘がなされているのだ。曰く、純粋持ち株会社体制のデメリットとして、①グループ会社の役割・権限を変更しにくい、②組織を変更しにくい、③傘下企業をコントロールしにくい、④グループ内の事業間連携を具現化しにく ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。